ムーヴオンの価値vol.1

さてさて、今日は長い記事です。
お付き合いください♬ 【今日はムーヴオンの価値について】

お問い合わせの際、良く聞かれます。 『他店との違いは何ですか?』
『何故、ムーヴオンはそんなに高いんですか?』と。

私は安すぎると思ってるぐらいなのですが
中々に伝わらないものですね。。。 いつも笑顔で通って下さる飼い主様には感謝感謝の毎日です。
いつもホントにありがとうございます

犬をお預かりするリスクが、どれだけあるのか、少しでも理解して頂きたく広めていきますね

ムーヴオンお預かりの最大特徴は #少頭数制 です。
つまり、一頭にあてているケアの時間が長いのが特徴です。

とは言っても施設がそれなりに大きいので、1日25頭はいます。

どんなに喧嘩をしない安全なワンコと分かっていても、1人のドッグトレーナーが同時に出すのは五頭までにしています。

五頭以上は危険で見切れない+質が下がりますので、お預かりが難しいです。

やろうと思えば出来ますが、トレーナーの休憩を奪うか、ワンコの遊び時間を減らす等の必要が出てきますので、やりたくありません。 【ワンコの預かりに必要なのは、スタッフが心に余裕を持つ事から始まります】

全国には色んな保育園やしつけ教室があります。

中には、そんなに同時に出して大丈夫!?
と思うお店さんが沢山あります。

見ていてとても怖い。

写真からも動画からも伝わってきます。

絶対的な自信があるのでしょうが、【これぐらい大丈夫】と甘く見ているように感じてしまいます。

確かに、ワンコ達は平和を望む子達が多くいますので、何とかなってしまうので、危険が顕在化しにくく、気付きにくいという点があります。

が、やはり動物。
人間にはない感知能力や、人間にはない感情があります。

なので、『これは危ないかも?』という危機感を常に持ってワンコを見る必要があります。

そんな緊張感を持ってやっていますので、1日終わると僕たちはグッタリ疲れます。

実際、私も昔は同時に1人で20頭を出していた事がありました。

ワンコと遊んで
犬と遊ばせて
お散歩に連れ出して
ご飯をあげて
訓練して
動画撮って
連絡帳書いて
電話問い合わせを受けて
掃除して

当然ですが、頭数が増えれば増えるほど、一頭にあてる時間が減っていきます。

見た事ありますか?
20頭の中で喧嘩が起こるとどうなるか?

喧嘩する当事者。
喧嘩に加わる子。
仲裁に入る子。
野次馬になる子。
隅に逃げ1日震えてしまう子。

とても、1人でケア出来るものではありません。

理想は1人のトレーナーでケアするのは1日三頭が理想です。

1日3頭!? 少ないと感じた、そこのあなた!!
まずはご自分で3頭飼いをしてみましょう。

3頭なんて楽よ!
と思ったそこのあなた!! 同じ3頭ではありません、毎日組み合わせの違う3頭です。

1つの食器で同時に何頭かで水を飲ませる。
可愛いけど危ない。。。食器を守って本気で噛む子がどれだけ多い事か。

1つのオモチャを数頭で取り合い遊ぶ。
可愛いけど危ない。。。オモチャを守って本気で噛む子がどれだけ多い事か。

1人のトレーナーに20頭が寄ってくる。
可愛いけど危ない。。。トレーナーを独占したくて本気で噛む子がどれだけ多い事か。

一頭でゆっくり水を飲むのはダメですか?
一頭で自分のタイミングでオモチャ遊びしてはダメですか?
トレーナーを一頭で独占するのはダメですか?

さあ、考えてください。 『皆んなと仲良くしなさい』と教えるのか『ひとりが好きなんだね』と受け止めるのか。 【同時にワンコを出すという事は、少なからず個を消す事に繋がります】 『皆んなと仲良くしなさい』 『皆んなと同じく』 『喧嘩しないで』 『空気を読みなさい』

色んな飼い主様の考えがあって当然ですが、もう少し、その子に合ったお預かりをしてあげたい。 『皆んなと一緒に居たい』
『皆んなと一緒に居たくない』
『犬より人と居たい』
『犬も人も興味がない』

色んな考えのワンコを受け入れ、受け取め、1つでも多くの『出来た』を叶えてあげたい。

それがムーヴオンのお預かりの根幹にあります。

2020年3月25日

Posted by チョパ